「ゲームカード・ジョイコホールディングス」社が2023年3月期の決算を発表|前期比で増収増益|スマートユニットの需要が追い風に

「ゲームカード・ジョイコホールディングス」社が2023年3月期の決算を発表|前期比で増収増益|スマートユニットの需要が追い風に

この記事の担当
  • 佐々木 智浩 (Twitter)
  • 株式会社さんななキャリア
  • 代表取締役/中小企業診断士

株式会社ゲームカード・ジョイコホールディングスは、2023年5月15日に同社HPにて2023年3月期の連結決算を発表した。

 

発表内容によると、グループ全体の売上高は216億9,100万円、前期比で89%の増加、営業利益は44億6,500万円、前期比で298%の増加となった。

 

セグメント別で見ると、周辺機器販売の売上高は137億3,600万円、前期比で268%の増加、カード収入は23億7,200万円、前期比で21%の増加、システム使用料は48億5,700万円、前期で9%の減少となった。

 

同社は、増収増益の要因として、2022年11月に始まったスマスロ導入に伴うスマートユニットへの需要が高まり、期末にかけての4月初旬導入予定のスマスロ向けの前倒し納品などによって、順調に推移したこととしている。

 

さんななキャリアがまとめた当決算における主要数値は以下のとおり。

 

ゲームカード・ジョイコホールディングス連結決算2023

 

ゲームカード・ジョイコホールディングス売上高2023

 

ゲームカード・ジョイコホールディングス売上総利益2023

 

ゲームカード・ジョイコホールディングス営業利益と営業利益率2023

 

ゲームカード・ジョイコホールディングス販売台数2023

 

 

 

 

詳細はこちら

株式会社ゲームカード・ジョイコホールディングス 2023年3月期 決算説明資料

https://www.gjhd.jp/wp-content/uploads/2023/05/257cd1be5d5f59a8997f92fe982e15fa.pdf

さんななマガジン 一覧へ

CONTACT お問い合わせ