LINE公式アカウント LINE公式アカウント

「カプコン」社が2024年3月期の連結決算を発表|グループ全体の売上・利益ともに過去最高|遊技機事業は新作3タイトルのEC販売で増収増益

「カプコン」社が2024年3月期の連結決算を発表|グループ全体の売上・利益ともに過去最高|遊技機事業は新作3タイトルのEC販売で増収増益

この記事の担当
  • 佐々木 智浩 (X)
  • 株式会社さんななキャリア
  • 代表取締役/中小企業診断士

株式会社カプコンは、2024年5月13日に同社HPにて2024年3月期の連結決算を発表した。

 

発表内容によると、グループ全体の売上高は1,524億1,000万円、前期から125億円増加、営業利益は570億8,100万円、前期から69億円増加となった。

 

セグメント別で見ると、遊技機事業の売上高は90億200万円、前期から12億円の増加、営業利益は41億1,700万円、前期から7億円の増加となった。

 

同社は、デジタル事業、アミューズメント施設事業、アミューズメント機器事業(遊技機)のセグメントにおいて増収増益を果たし、グループ全体の売上・利益ともに過去最高の業績となったとしている。

 

遊技機事業では「スマスロ戦国BASARA」「バイオハザードヴィレッジ」を含む新作3機種を投入し、EC販売によって販路拡大と利益率向上を果たしている。

 

さんななキャリアがまとめた当決算における主要数値は以下のとおり。

 

カプコン決算ハイライト

 

カプコン売上高

 

カプコン営業利益

 

カプコン売上高営業利益率

 

カプコン販売台数

 

 

 

 

詳細はこちら

 

株式会社カプコン 2024年3月期 決算短信補足資料

https://www.capcom.co.jp/ir/data/pdf/explanation/2024/full/explanation_2024_full_01.pdf

 

さんななマガジン 一覧へ

CONTACT お問い合わせ