LINE公式アカウント LINE公式アカウント

「セガサミーホールディングス」社が2024年3月期の決算を発表|遊技機事業の売上高営業利益率が驚異の30%超、スマスロ北斗の拳が牽引

「セガサミーホールディングス」社が2024年3月期の決算を発表|遊技機事業の売上高営業利益率が驚異の30%超、スマスロ北斗の拳が牽引

セガサミーホールディングス株式会社は、同社HPにて2024年3月期の連結決算を発表した。

 

発表内容によると、グループ全体の売上高は4,678億円、前期比で20.0%の増加、営業利益は568億円、前期比で21.6%の増加となった。

 

セグメント別の遊技機事業だけで見ると、売上高は1,359億円、前期比で44.2%の増加、営業利益は412億円、前期比で100.6%の増加となった。本業の収益指標となる売上高営業利益率は30.3%で驚異的な業績だった。

 

遊技機事業の増収増益要因は、2023年4月にリリースした「スマスロ北斗の拳」が8.4万台の導入となったことを皮切りに「P北斗の拳 暴凶星」が1.8万台の導入となるなど、主力タイトル製品の販売が好調だったことが挙げられる。

 

そのほか、エンターテイメントコンテンツ事業は増収減益、リゾート事業は経常利益が黒字化した。

 

さんななキャリアがまとめた当決算における主要数値は以下のとおり。

 

セガサミー決算

 

セガサミー売上高

 

セガサミー営業利益

 

セガサミー売上高営業利益率

 

セガサミー販売台数

 

 

 

 

詳細はこちら

セガサミーホールディングス株式会社 2024年3月期 決算プレゼンテーション

https://www.segasammy.co.jp/japanese/pdf/release/20230330_segasammy_information01.pdf

さんななマガジン 一覧へ

CONTACT お問い合わせ